陸王 | 二輪駆動式サイドカー

二輪駆動式サイドカー

二輪駆動式サイドカー 陸王が開発した二輪駆動式サイドカーとは、サイドカー側の車輪も駆動し、特に荒地での走行性能の向上を目指したものです。従来の一輪駆動車に比べて、挙動変化が穏やかになりますが、カーブは切り難いと言われています。現在、日本の法律では、二輪駆動車はトライクに属することになっています。

フルタイム型とパートタイム型が存在します。両方とも単車単独での走行が不可能な構造であるため、免許区分は普通自動車免許以上の四輪自動車免許を持っていれば公道を走行できます。二輪免許では公道を走る事はできません。

パートタイム型のサイドカーの場合、二輪駆動と一輪駆動を切り替えるようになっています。ディファレンシャルギアが装備されていないので、サイドカーの中ではかなり高い不正地踏破性を持っていますが、逆に舗装路で2WD走行をするととても曲がりにくく、タイヤを磨耗させたり、駆動機関部を破損させる恐れがあります。したがって舗装路では一輪駆動にしなければならず、一輪駆動車と同等の運転技術が必要になる。
フルタイム型は、ディファレンシャルギアが装備されているので、パートタイム型のような二輪駆動走行特性が改善されます。この為、運動特性は一輪駆動のサイドカーと三輪バイク(トライク)の中間的なもの、もしくは一輪駆動サイドカーとデフなし二輪駆動サイドカーの中間的なものになります。

サイドカー登場の背景

自動車がまだ高価で一般大衆にはとても手が出なかった時代、オートバイや自転車は実用的で手軽な足として使われていました。しかし、それらは荷物を運ぶのに適さず、また安全に多人数が乗ることもできませんでした。そこで、オートバイや自転車の横にもう一つ車輪を取り付けたサイドカーが考案されました。
日本語でサイドカーのことを「側車」、オートバイのことを「単車」と呼びます。それは、昔サイドカーは今よりも一般的であり、「サイドカーがついていないオートバイ」を区別して単車と呼んだ名残りです。