陸王 | 歴史年表

陸王の歴史年表

  • 1912年(大正元年)・・・日本陸軍が初めてハーレーダビッドソンを輸入する。
  • 1917年(大正6年)・・・大倉商事が輸入販売を開始する。
  • 1918年(大正7年)・・・軍用としてサイドカー仕様が納入される。
  • 1931年(昭和6年)・・・ 三共が販売ライセンスを譲り受け、「日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル(株)」を設立。輸入販売を開始する。
  • 1933年(昭和8年)・・・日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル(株)が製造ラインを含めて生産ライセンスを取得して、国内での生産を開始する。
  • 1935年(昭和10年)・・・日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル(株)から「三共内燃機(株)」に社名を変更する。
  • 1936年(昭和11年)・・・側車輪駆動二輪車仕様の陸王号が「九七式側車付自動二輪車」として日本陸軍に 採用される。公募により名前が「陸王」に決定する、三共内燃機(株)から陸王内燃機(株)に社名を変更する。
  • 1949年(昭和24年)・・・陸王内燃機(株)が業績不振のため倒産。生産停止になる。
  • 1950年(昭和25年)・・・昭和飛行機が事業を引き継ぎ、「陸王モーターサイクル(株)」を設立。生産を再 開する。
  • 1959年(昭和34年)・・・生産が中止される。
  • 1960年(昭和35年)・・・ 陸王モーターサイクル(株)が倒産。
【Wikipediaより引用】