陸王 | 日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル

日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル

三共 ハーレー

1933年当時、製薬会社三共(現”第一三共”)の傘下企業「日本ハーレーダビッドソンモーターサイクル」がハーレーダビッドソンの輸入を行っていました。
三共は、関税対策と当時の国策への協調の見地から、ハーレーダビッドソンの日本での現地生産をアメリカのハーレーダビッドソン本社へ申し出ました。この申し出はハーレー本社にとって旨味の少ないオファーだったのですが、当時のハーレー本社は世界大恐慌の煽りを受けて業績が悪化しており、新モデルへの設備更新時期でもあったことから日本法人の申し出を了承することになりました。これにより、生産した車両を日本国外へ持ち出さないという条件付きで、サイドバルブエンジン車両の生産に関するライセンスやツールの全てが日本側へ提供されました。
従って、この三共製ハーレーは、世間で言われているようなハーレーダビッドソンの模倣や無許可コピーではなく、正式なライセンスを得て生産されたものなのです。こうして日本ハーレー社自身で国内生産が行なわれることになり、1934年(昭和9年)以降1934年型のハーレーダビッドソンモデルVL(1200cc)の本格生産を開始し、その後1935年型のモデルR(750cc)も国産化して以後の主要車種となりました。