陸王 | 九七式側車付自動二輪車

九七式側車付自動二輪車 (きゅうななしきそくしゃつきじどうにりんしゃ)

大日本帝国陸軍 サイドカー

九七式側車付自動二輪車とは1937年(昭和12年、皇紀2597年)制式の大日本帝国陸軍のサイドカーの事です。アメリカのハーレーダビッドソン社の製品の民生用ライセンス生産品であった「三共内燃機製」の車両を改良したもので、整備されていない道を走るのに適するように、単車(陸王)本体だけでなく、側車の車輪も駆動するという特徴がある、世界初の二輪駆動式サイドカーです。

太平洋戦争で活躍

陸軍で従来使用していた九三式等の側車付自動二輪車は一輪駆動式だったので、凹凸のある路面での走行性能に問題がありました。そこで、陸軍省は昭和11年7月から関東地方各地で性能試験を行い、そこで性能が認められたため、各種演習にて実用化試験を行いました。その試験にて、二輪駆動方式が軍用目的に価値ありと認められたため、制式採用されました。
日中戦争、太平洋戦争等の諸戦線や演習時に伝令や偵察(斥候)、輸送に幅広く使用されました。また、陸軍だけでなく海軍陸戦隊でも活躍しました。