陸王 | オート三輪

オート三輪とは

オート三輪 車輪が三つの貨物自動車である三輪トラックです。「オート三輪」という呼び名は、自走式三輪車の意味で、かつて日本で三輪車の多数派だったトラックや、それから派生した貨物車を指す名称として定着しています。
軽便で値段が安く、更に悪路と過積載に強く小回りが利くという特性から、日本では1930年代から1950年代に隆盛を極めましたが、より価格や性能で勝る四輪トラックの登場により衰退しました。

陸王はオートバイやサイドカーだけでなくオート三輪も販売していました。

歴史 〜戦前〜

1910年代後半、大阪で前2輪・後1輪で前方に荷台を持つフロントカーに、アメリカ製のエンジンを装備したものが出現したのが最初といわれています。その後安定性や積載力を欠くため、前1輪・後2輪に移行しました。
  初期における運転席等の設計はオートバイの応用部分が多く、ハンドルはオートバイと同様の棒型でした。エンジンは当初米・英国のオートバイ用単気筒エンジンが採用され、シャーシもオートバイとリヤカーの折衷的なパイプフレームで、初期製品には後退ギアもありませんでした。
  しかし、実用上の要請から改良が進み、差動装置・後退ギアの装備やシャフトドライブの採用、パイプフレームを止めて本格的なトラックとしての強度を持つプレスフレーム、チャンネルフレームへの移行、大排気量化や2気筒化など、1930年代中期にはオートバイとは全く異なる機構を持った貨物車両に進化していました。

歴史 〜戦後〜

第二次世界大戦後、トラック生産が再開されるとオート三輪は一層の進歩を見せました。零細メーカーはほぼ淘汰されましたが、戦前からの三大大手メーカー(ダイハツ・マツダ・くろがね)に加え、終戦で市場を失った航空機産業から企業が多数参入し、新技術の導入と合わせて市場を活性化しました。戦前は500kg程度だった積載量も、サイズや排気量の増大で大型化し、1950年代に入ると1.5t〜2t積みクラスも珍しくなくなりました。

1950年代中期までのオート三輪エンジンは空冷単気筒ないしV型2気筒が主流でした。しかし、そのメカニズム面ではサイドバルブからOHVへのいち早い移行、自動進角装置、油圧調整タペット、サーモスタット付冷却ファンの採用など、同時期の日本における小型四輪車用エンジンよりも進んでいました。

しかし、自動車交通の高速化により、カーブでは転倒しやすく高速走行に不向きなことや、居住性の悪さが敬遠されるようになりました。また、メカニズムが高度になり、四輪トラックとの価格差が少なくなり、次第に市場での競争力を欠くようになり衰退しました。